外壁リフォーム・営繕工事は全て私達にお任せ下さい!

私たちの得意分野は、外壁リフォームと防水工事ですが、営繕工事一般も行っています。
工程・品質管理は、『1級建築施工管理技士』を保持するスタッフ等が
工事をしっかり管理致します。
塗装技術は、『1級建築塗装技能士』を保持するスタッフ等が
現場の塗装をしっかり行います。

すずペンは、トコトンこだわり お客様満足度120%を目指します。

新着情報

  1. SA-hashira-ato

    幸田町 SA工事
  2. pekin-after1

    蒲郡市 S様邸 外構SA工事
  3. isama-after

    蒲郡市 I様邸 外壁塗装工事
  4. 幸田町 O様邸

    幸田町 C様邸外壁塗装完了
  5. 蒲郡市 神明ハイツ

    蒲郡市 神明ハイツ塗装完了
  6. 岡崎市 I様邸

    岡崎市 I様邸 塗替え完了
新着情報一覧

施工事例

施工事例

塗装のPoint

Q1 なぜ塗替えが必要なの?

もともとペンキ等の塗料やサイディングで覆われている家に、なぜ塗替えが必要なのでしょうか?
もちろん塗料には美観を保つという役割はありますが、それより重要なのが家を外的な環境(直射日光・雨風)から守る事が最大の目的&要素です。
つまり、防水機能・断熱機能を復元する為、塗替えが必要になってくるのです。
塗装で家を守る 日本の住宅の耐久年数は、約30年程度だと言われていますが、その表面に塗装されている塗料の耐久年数は最近開発されているもので、約15年程度だと言われています(あくまでも塗料メーカーの耐久基準でありこの通りとは言い切れませんが・・・・・)
塗装の膜は永久に持つという訳にはいかず、時間と共に細かなひび割れを起こします。
そのメンテナンスを怠るとひび割れから雨水などの水分 が侵食して雨漏りの原因や、害虫などの温床になり、住居の寿命を格段に落とします。
こうなってしまうと大規模な改修工事が必要となり、塗替え以上に費用が必要になってしまいます。
このような事態を未然に防ぎ、家の基礎を守る為に塗替え工事が必要なのです。


Q2 塗替えの目安はいつ頃ですか?

 数10年前までは、コンクリートは半永久的な構造物と言われていましたが、コンクリートに限らず全ての構造物は、酸性雨・排気ガス・直射日光など様々な要因で必ず劣化してひび割れを起こします。
このひび割れから雨水が益々ひび割れが広がりますので、壁にひび割れを見つけたら塗替えの目安とお考えください。特にひび割れが交差すると要注意です。
他に、外壁が粉っぽくなり手で触ると白い粉のようなものが付く現象(チョーキング現象)が出てくると防水性が悪化している証拠にもなります(チョーキング現象が起こらない素材もあります。)


海沿いの潮風が直接当たる地域や、周囲に障害物が無く日差しの強い場所などの建物によっては耐久年数が大幅に変わりますが、年数での目安をご紹介します。


屋根などは8~10年が塗替えの目安です。
直射日光と雨雪を直接受けている部分なので、ほかの部分より劣化が早いです。
屋根が部分的に反返る、塗膜が剥がれるなどの
症状が出ていたら要注意!

※断熱塗料を塗装することにより、冷暖房の経費削減にも効果を発揮致します。


外壁などは10~12年が塗替えの目安です。
排気ガスや砂埃、雨などによる美観劣化もさることながら、塗装の必要がないとされていたサイディングも劣化に伴いコーキング部分のひび割れが発生する為、メーカー側より塗装が推奨されています。


鉄部などは5年に1度が塗替えの目安です。
劣化の大きな原因は錆ですが、錆は放っておくと移ってしまい更なる錆の拡大に繋がります。
錆を腐食させたままにすると、最悪手すりやベランダが折れるなどの事故が考えられますので、早めの塗替えを。


防水などは5年に1度の点検がお勧めです。
防水とは主に屋上やベランダなどの床部分の塗装です。劣化を放置すると雨漏りの原因になります。
カビ・藻類が生えてきたら要注意!
※防水工事だけでなく、すでに雨漏りしている場合の止水工事もご相談ください。

PAGE TOP